1月24日の夢

空を飛ぶ夢を見た。

飛ぶと言うよりは、ゆっくりと下降してゆく感じ。

たぶん隣に居たのは相棒。

2人で空をゆっくりと降りてゆくのだけど、途中にある雲は厚くて

私達は水の中に潜る時みたいに「せーのっ!」と言って息を止める。

でもその雲の厚さがどのくらいかは分からなくて

いったいいつまで息を止めてなきゃいけないのか分からない。

だからちょっとスリル。

私は水に潜る時みたいに目も瞑ってしまうので

雲の中がどんな風になってるのか分からない。

何度も「よし、次の雲の中では目を開けるぞ!」って思うんだけど

「あぁー!また瞑っちゃった!」と残念がる。

今思い出しても悔しい。

今年の夏はきっと海の中でも目を開けられるようになりたい。

あっ、でも海水は塩分があるから目が痛いのか?

でも雲の中を見られなくて悔しかったので、痛くてもいいから海の中を見てみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。