9月28日の食卓会話

議題は「ビールのCMについて」
今年最後になるであろうラタティユを食べながら考えた。
飲み終えた後の「プハーッ!」という表情はいつから始まったのか。
誰が最初に考えたのか。
本当に「プハァーッ!」ってやる人がいたのか。
そもそも実際に「プハァーッ!」ってやる人はいるのか。

きっと最初は「フゥー」くらいだったのが
いろんなメーカーがより爽やかにより豪快に「フゥー」をやったもんだから
いやいや、うちのビールはもっと豪快な「フゥー」ですよ、
って競いだしたのが始まりだろうな。

そうこうしているうちに「フゥー」は「フゥー!」になり「プゥー!!」になり
やがて「プハー!」になり「プハァー!」になったんだろうな。
それでも物足りなくて、水しぶきを浴びたり、顔をしわくちゃにしてみたり。
「美味しい!」を表現できる限界まで挑戦したら、こうなっちゃたんだな。

人って何でもすぐに慣れちゃうから
あぁ、美味しそうだな!って感じた「プハァー!」も
いや、その程度では美味しさは伝わらない、ってなるのかも知れない。
そう考えると、この先どこまで行ってしまうのだろう
この「プハァー!」は。

よりもっと、の考え方は時々おかしなことになってしまうから
そろそろ現状維持に満足できる心を持ちたい。
むしろちょっとマイナスな方が心地よい。
モノも情報も何でもかんでも飽食状態だと満足できなくて当然。

「待て。」と言われてヨダレを垂らしながら餌の前にいる犬の
キラキラした目を見ると、これに勝る「プハァー!」はないと思う。

この夏、何度も作って食べたラタティユ。
もう夏野菜も終わりなので食べ収め。
半年間のおあずけ期間のお陰で
きっと来年も美味しく食べられるだろうな。
食材の質は変わらずに。

バレリーナのランチタイム

「おかわり!」と言いながら
バレリーナはお茶碗を持ったまま
ステップを踏み続けました。

それはそれは軽快なステップで
今日一番の笑顔を浮かべておりました。

バレリーナのランチタイム

バレリーナのランチタイム

画像の無断転用・使用禁止

レッスン・ツー

雲ひとつない青空なのに
あの子が傘をもって家を出たので
「雨はもうやんだよ。」と教えに行きました。

声をかけようと思ったけれど
あの子が傘の上でクルクルと踊っている姿を見て
私は何を言おうとしてたのかすっかり忘れてしまいました。

晴れた日に傘を持って出掛けてはいけないなんて
いったい誰が言ったのでしょう。
余計なものはすでに鞄の中に溢れているのに。

レッスン・ツー

レッスン・ツー

画像の無断転用・使用禁止