ちょっとだけ前進

6月27、28日に地元・菊池市で「水源祭り」が開催され
我が家から車で5分ほどの場所にある会場には、たくさんの人が集まりました。

関係者のみなさま、ご苦労さまでした☆

「こびとのマルシェ」を仲間と主催してるため、マルシェに参加してないので「あれ?」と思われた方も何人かいまして。

そうそう、今回は本当にお客さんとして遊びに行きました☆

マルシェもスタッフとしては関わっていません。

このお祭りの企画があがった当初。
「菊池でのお祭りだから、こびとのマルシェも一緒にやろう」と話しがあり
その時、わたしは何となくお断りしました。
「手伝えることがあれば手伝うけれど、スタッフとしては遠慮しようかな。」そんな感じで。

子どもにあまり負担を掛けたくないのと、何よりわたしの心が「NO」と言ったのが理由。
で、どんないきさつだったか忘れちゃったけど相棒のツカちゃんがマルシェ担当となり、水源祭りのスタッフに。

わたしはスタッフにはならないけど、ツカちゃんがやるならどうぞ…と(笑)
相手の意志を尊重するのと同じくらい、わたしはわたしの心を尊重しました。

本当に準備の数ヶ月間、いろいろな事があり会議は深夜までなることも度々。

途中からわたしは完全に傍観者になり、その動きを見ていたのだけど。
パートナーなので話は耳にはいり、何度か「ヘルプ」の声があったけれど、本当にわたしの心が「NO」と言い続けました。

6月の後半になってからは、午前様があまりにも多くなり「あぁ、よく話しに聞く忙しいサラリーマンはこんな感じだんだろうなぁ〜」と、期間限定のこの体験を味わおうじゃないか!とワクワク。

いざ、その体験をしてみると出てくる、出てくる!いろんな感情が。

主にネガティブな感情がほとんどなんだけども。

「生活リズムが崩れた!」(イライラ、イライラ…)
…崩された!と感じてること自体が責任転嫁だなぁ。勝手にわたしがそう感じてるだけなのに。
あぁ、まだまだ自分のペースややり方でまわりをコントロールしようとしてるなぁ。
相手の意志を尊重すると言いながらも、相手を束縛しようとしてるこの矛盾よ。

「わたしに子どものこと任せっきりにして!」(イライラ、イライラ…)
…まだこんな感情がわたしに残ってたんだぁ〜(ある意味新鮮☆)
もう手放したと思ってたけど、ちゃんと残ってたんだなぁ。
自分で好んでやってるのにね。適度に手を抜くだけだけの話しだな、こりゃ。
期待してる自分発見。

「全然、コミュニケーションとれないじゃん!」(イライラ、イライラ…)
…あれ?意外と今までと変わらないんじゃないか?
目の前に相手がいないからこんなこと言ってるけど、一緒にいたとしてもわたしは自分の好きなことやってるんじゃないかなぁ。

と、まぁ他にも感情が出てきては沢山の気付きがありました。

今回はなぜだか本当に一線を引いていたわたし。

「夫婦だから」という理由では動きませんでした。
というか、心が動かないので行動に移れないという感じ。
自分の心に嘘をつけなくなり、本当はイライラしているのに「夫婦だから」「家族だから」というそういう肩書の理由で協力することができませんでした。

でもひとつだけ、わたしの心からの行動がありまして。

お弁当を作って届けることはしました。(たった2回だけどね…)

朝から事務所でこもりっきりで仕事をしてる日に、わたしはお友達と子どもたちを連れてピクニックに行く予定だったけど「ツカちゃんと一緒に食べたいな」と思い、そのお弁当を4人で事務所で食べました。
偶然にも父の日だったな!

そして祭りの当日。

連日の睡眠不足やらイベントの責任やらで声カラカラで走り回るツカちゃん。
終わった昨日も深夜にクタクタになって帰ってきました。
その姿をみて思ったこと。

今まで、いかにツカちゃんに対して感謝の気持ちが足りなかったことか。
今まで、どれだけツカちゃんに支えらてきたことか。

この準備期間中は、わたしの感情も爆発を繰り返し、それは子どもにも伝わり
「子どもに負担を掛けたくない」と一番願ったはずなのに結局子どもたちに負担をかけたわたし。
全ては自分の問題だ。

たくさんの気づきがありました。
感情をたくさんぶつけました。
いつも誰かを批判していました。
たくさんのキャラクターの人たちが、わたしの目の前に現れました。
その全ての人が、わたしの中にいるんだな。

「今回はスタッフとしては参加しない」と、形では参加しなかったけれど
おおいに参加しちゃってるなぁ…わたし(笑)

ここ数ヶ月でわたしが発した言葉や感情や行動は、そのままわたしに返ってくる。
目をそむけてフタをして逃げ出したくなるだろうけど、ここはもう腹をくくって責任転嫁せずに受け取ろう。
そこからじゃないと、本当に誰かに感謝したり、愛を持って行動するなんて無理だろうな。

そして、その全てを受け取る勇気が自分にあると信じよう。

まだまだ変化できるんだなぁ!わたし。