地球遠足

今年初のフキノトウを天ぷらで食べた今宵の夕食。

見渡せば菜の花も咲き始めていて
「あれっ?もう春の予感?」と思っていたら
まだまだ、冬だったんですね!(笑)

明日の朝は雪になるかも予報です。

熊本に引っ越してきて4年目を迎える2015年。

わたしが住んでいるこの集落に
外から人が入ってきたのは30年振りだったと聞いています。

別に閉鎖的だった訳ではなく
ただ、入ってくる人が居なかっただけで
2011年の震災を機に3組の家族が
空き家に住むことになりました。

その3組のお母さんたちで始まった
『こびとのマルシェ』
http://kobitonomarche.com/

お陰さまで、たくさんの人のサポートを得て
いろいろな体験をさせて頂きました◎

途中からは「こびと」というひとつの人格のような
何とも説明しにくい「存在」のようなものを感じていました。

わたしは、ただ「こびとのマルシェ」の場を用意するだけで
どんな1日になるかは、箱を開けてみないと分からない。

「こびと」が好きなように自由に遊ぶのを
一緒に遊びながら見ている…そんな不思議な感覚です。

この話は、何度か誰かに話しているのですが
その頃は上手く言葉で表現できずにいました。

ところが最近になり、その「こびと」という存在の正体を発見☆

『こびとのマルシェ』に関わるすべてのモノの集合意識でした。
(人、空間、土地、音など、本当に全て!)

そして、その「こびと」は毎回わたしを最高に楽しませてくれて
わたしはもっと、そこでいろんな遊びをしたくなりました。

ちょうど、お気に入りの公園で毎日遊んでいる子どもが
もっと違う遊びをしたくなるような感じ(笑)

公園の滑り台で、ジェットコースター遊びを始めるのと同じで
「そりゃ、ちょっと遊び方が違うだろう…」となり
当然、歯車がズレるような感覚を味わいます。

わたしの場合、言ってることと、やっていることにズレが生じました。 

ジェットコースターで遊びたいなら
さっさと遊園地へ行けば良いものの
「だって、この公園大好きなんだもん。
この公園でジェットコースター遊びをしたいんだよー!」
…と、いわば駄々っ子状態(笑)

その頃から、自分の心の声に正直であることを意識していたので
自然と心の声に嘘がつけなくなっていました。

心が向かないことに意識をむけることが難しくなったのです。

わたし自身が本当にワクワクしているかどうか。
「〜すべき」「〜ねばならない」という感覚から
「〜したい」という感覚に完全にシフトしたのだと思います。

(わたしはそれを「ワクワク☆スイッチ」と命名)

これ、誤解のないように説明しますが
「こびとのマルシェ」に興味をなくした訳ではなく
ただ今のわたしが他のテーマパークにワクワクしているだけの話です。

「今日はタラコスパゲッティが食べたい!」と思ったら
タラコスパゲッティが食べたいんです(笑)

また「こびとのマルシェ」というテーマパークで遊びたくなったら
たくさんの集合意識と共に、ここで遊ぶのだと思います☆

そうそう、そうやって思い切って公園を出てみたら
目の前には、たくさんのテーマパークへ続く道がありました。

たくさんある中から、自分がワクワクする道を選び
一体どこへ行くのやら…と心の声ナビに従って歩いていたら
やっと看板が見えてきた!

『こんぺいとう』

こびとのマルシェを一緒にやってきた
シンクロ繋がりが多いサオちゃんも
これまた笑っちゃうくらいシンクロしながら
どうやら一緒に『こんぺいとう』で遊ぶようです◎

長くなっちゃうので『こんぺいとう』の話は
また次回にでも書きますね。

スタートもゴールも何もないから
すでにもう遊んでしまっているのだけどね(笑)

「遠足は家に帰るまでが遠足です」って名言だなぁ!

本当にその通りだ。

楽しみにしてやってきた地球遠足。

「家に還るまでが遠足です。」

なんだかワクワクしてきますね☆