絵本memo-「 おはなしのろうそく9 ホットケーキ」

立春・満月を控えて
ちょうど1週間前の今日。

プチ断食を始めました。

…と言っても、朝食を抜いて
昼と夜を小食にするくらいからスタートです。

空腹を感じたら白湯を飲むようにして
なるべく体を動かすようにしています◎

デトックス祭りの春が来る前に
ちょっと体の準備をしようと思っています。

タイミングの合う方、ぜひご一緒に☆

我が家は7歳の娘と4歳の息子がいるのですが
この年齢差は同じ絵本を読み聞かせるには
ちょっと難しかったりします。

ウサコには退屈過ぎたり
エイトには難しすぎたり。

でも年齢幅広く読める本もあるのでご安心を〜◎

さっそく絵本の紹介です。

おはなしのろうそく9 ホットケーキ

おはなしのろうそく9 ホットケーキ

編/東京子ども図書館

図書館で読み聞かせをしていて
その中でも人気のあった日本や海外の昔話、手遊びなどが収録されています。

1巻から10巻まであり
我が家では1日1話ずつ読みました。

どれも短いお話なので、覚えて素話できたら素敵だな〜と思います。

9冊まで読み終えて、この『ホットケーキ』は一番人気でした☆
(8巻だけは、いまだ図書館で見つけることができず…)

このお話はノルウェーの昔話で
類似したお話でロシアの昔話「おだんごパン」があります。

ある7人の子どもがいるお母さんが
子どもたちにホットケーキを作ってあげます。

子どもたちはいつもお腹を空かせていたので
順々にお母さんを褒め称える言葉を言って
ひと口ねだってゆきます。

(このやりとりも、子どもたちは大笑い◎)

そして、お母さんが
「待っててね、ホットケーキがひっくり返ったらできあがるよ。」
と言った瞬間、ホットケーキは食べられるのが怖くなり
フライパンを飛び出して転がって逃げ出すのです。

7人の子どもたちから逃げ出したホットケーキは
道を歩いているおじさんや、オンドリやアヒルなど
いろいろな動物たちに出会いながら
コロコロと転がって逃げてゆきます。

最後は「おだんごパン」と同様
賢い動物がパクリっ!としてしまうのですが
何が面白いかって、
ホットケーキが動物たちに次々とヘンテコなアダ名をつけるのです。

これにはウサコ&エイトも大爆笑で
読んでるわたしも大笑い☆

出会った動物が「こんにちは、ホットケーキ」と挨拶すると
ホットケーキがヘンテコなアダ名で挨拶に応える…
この繰り返しが何度も続くのだけど

わたしが「こんにちは、ホットケーキ」と
セリフを読んでいる間の子どもたちの集中が面白い!

「次はどんな名前がでてくるんだろう…?」という
ワクワクした期待の眼差しと
息を呑みながら待っている空気感。

全身全霊が次の一言に集中している様子は
まるでピーンと張った糸のようです。

そしてホットケーキが付けたアダ名を聞いた瞬間に
パーンッ!と張り詰めた糸が弾けて
笑いの渦が巻き起こるのです。

ネタバレしない様に
ホットケーキが付けたアダ名は
ここでは伏せておきますね☆

2回目に読み聞かせをした時には
1回目ほど笑いの神が降臨してこなかったので
これは是非とも読むまでのお楽しみに〜☆

この『おはなしのろうそく』シリーズは
どれも名作が集まっています。

10巻揃えて持っていても良いな☆