きんかんとわたし

img009

はじめてのひとり暮らしは
はじめてのことばかりで
はじめて自分の名前で部屋を借りて
はじめて自分のための家財を揃えて
はじめて全てを自分のための空間にした。

ベットも椅子もテーブルも
一目惚れのようにあっという間に揃えた。

1kのアパートも内覧して1件目で即決め。
数日後には契約して鍵をもらって
あっという間に荷物を運び入れた。

女の子のひとり暮らしってものは
もうちょっと慎重になるんだろうけど
わたしの心を掴んだのは
アパートの前に建つ大家さんの家との堺にある
金柑の生け垣。

緑にちっちゃな黄色い水玉模様が大好きで
わたしはそこに住もうと決めた。

そのちっちゃな黄色い水玉が
「ここに住みなよ」っていうもんだから
わたしは迷わず
「うん。」って首を縦にふった。
ただ、それだけのこと。

今思い出しても
あの狭いアパートの部屋は
わたしの最高の空間で
冷蔵庫はアイボリーのペンキで塗りなおし
キッチンの電球が切れれば
クリスマスにキラキラさせる電飾を飾り
壁にはグッと来た雑誌の切れっ端を貼ったりして
窓を開ければ大家さんの綺麗な庭があって
毎朝わたしは金柑の生け垣の前を通って会社に行った。

金柑がわたしに
「ここに住みなよ」って言ったから
わたしは断る理由も見つからずに
「うん。」って首を縦にふった。
ただ、それだけで良かった。

いつの間にか、わたしは大人になっちゃって
自分の住処が分からなくなっていた。

それはたぶん、
住処が自分だけの空間じゃなくなったからで
大切な家族や、大切な友達や
大切なものが増えすぎて
右にも左にも後ろにも前にもゆける
選択の多さにちょっと戸惑ってるだけ。

いまでもあのアパートはあるだろうか。
いまでも金柑は緑の葉っぱの中で
綺麗な水玉模様を作ってるだろうか。

わたしはいまでも
金柑の声がちゃんと聴こえるかな。

今思い出しても
最高な空間だったあのアパートを
懐かしく思うことはあるけれど
わたしは戻りたいとは思わない。

あの空間は確かに最高なMELワールドだったけど
大切な家族も、大切な友達も居なくって
わたし独りが居るだけ。
わたしだけの最高な空間だった。

もしも、まだあの場所に金柑があるならば
今のわたしが会いに行っても
きっと金柑は「おかえり」なんて言わないだろうな。

「あなたの宝物のところへ、いってらっしゃい」

きっと、そう言うだろうな。

わたしの大好きだった金柑。

わたしはいまでも
金柑の声がちゃんと聴こえているよ。

コルネットじいさんとたくさんの羽

colnet

わたしがまだ妊婦の時。
ヒロトくんがまだポポちゃんと呼ばれていた時。

とても不思議な1ヶ月を過ごしたことがありました。
それは、ちょうど臨月を迎えるという10月のこと。

病院での検査もどうにかクリアして
あとは自宅でポポちゃんが産まれるのを待つのみ。

そんなふうに思っていた頃でした。

わたしは出産前にやりたいことリストを
ぎっしりと手帳に書き込んでいて
それを「今のうちに・・・」とアレコレ手を付けていたんですね。

前にもちょっと記事に書きました。
その時の記事はコチラです☆

具体的に言えば、応募したい絵本とイラストのコンペが
それぞれ1つづつありました。

さらに、子どもたちの習い事や学校の行事。
マルシェやイベントなどが盛り沢山でした。

そして9月の終わりに、あるお誘いがあったのです。

「この物語の挿絵を描いてくれないかな?」

制作に入り始めた絵本のコンペもあり臨月にも入るし
どうしようかな・・・と悩んでいました。

それで、いちど原文を送ってもらって読んでみたんですね。

すぐに原文を送ってくれて目を通したわたしは
一気にその物語に魅了されました。

「なんて優しいお話なんだろう!」
それが一番に感じたことです。

わたしはとてもファンタジーの世界が大好きです。
読む人や観る人が自由に解釈できる優しさを感じるからです。

きっと伝える側にも、伝えたいメッセージはあるはず。
それでもファンタジーの世界は読む人、観る人に
その物語の解釈をゆだねる優しさがある。

答えはひとつではなく、ひとの数だけ解釈がある。

そんな部分がとても大好きなんですね。

教訓めいた言葉もなく
押し付けがましい表現もなく
それでもちゃんと、大切なものが伝わってくる。

そんな素敵なお話だったんです。

15枚カラーでの描きおろし。
短い制作期間でできるかは分からないけど
他の予定を白紙に戻してでも描きたい。

正直にそう伝えて、描かせて頂くことになりました。

で、制作中も以前の記事に書いたように
本当に不思議で幸せな時間でした。

急きょ絶対安静生活になり
出産前に描き終えるのか自分でも分からず
全てを何かに委ねるような制作期間。

それはまるで絵本を1ページずつめくるような毎日でした。

あぁ、今日も絵を描かせてもらえた。

10年以上絵を描いていますが
こんなに謙虚な気持ちで描いたのは
恐らく初めてじゃないだろうか・・・と思います。

ひとつ心残りがあるとすれば
原作のイクさんと途中経過のやりとり無しで
原画をすべて描き上げたことです。

カット割りとだいたいの構想は
はじめにヒアリングをしていたのですが
制作途中で絶対安静になり
その後はひたすら描き続ける日々でした。

そして完成してから15枚の絵をイクさんに
はじめて見せる・・・という前代未聞な絵本制作。

こんな勝手をも許してくれるイクさんは
まさにファンタジーの人だな・・・と感動しました。

だから、わたしがこの物語を初めて読んだ時
「なんて優しいお話なんだろう!」と感じた訳です。

描き終えて3日後に、ポポちゃんは産まれて来ました。

本当に描かせてくれてありがとう。

制作中にずっと流れていた「つむぎ」のCDは
きっとポポちゃんの子守唄となっていたでしょう。

3月26日に「つむぎ」の2人が唄いに来てくれます☆

ポポちゃんだったヒロトくんを抱いて
わたしはどんな気持ちで、この物語を聞くのだろう。

ヒロトくんはちゃんと覚えているだろうか。
君がポポちゃんだったときに聞いた物語を。

**********************

つむぎライブ・フライヤー

つむぎLIVE『つながり』

【 日時 】 3月26日(土)13時〜14時30分
【 場所 】 こんぺいとう
      熊本県菊池市隈府上町210
     (御所通り・お伊勢さん前)
【参加費】 大人1500円(1ドリンク付)
      小学生以下は入場無料ですが、
      1ドリンクオーダーをお願いします。
【 定員 】 25名(要予約)

こんぺいとうは11時よりOPENしています。
軽食・おやつのご用意もありますので、ライブ開始の13時まではカフェ利用もできます◎
ぜひご利用ください。

※当日の午前中は、菊池マラソン大会があり
こんぺいとう前の御所通りは交通規制が入ります。
9時〜12時までは車が入れませんのでご注意ください。

【予約・お問い合せ】mel.tsuka@gmail.com
          090−8042−9495(メル)

**********************

桃の節句

2016-3-3-

3月3日は、おひなさま。

長女が生まれた年に
ちいさな吊るし雛を買ったのですが
毎回、飾るのを忘れたり当日だったり。

ケーキやご飯は意識するのだけど
こればっかりは、うっかり八兵衛です。

で、今年は?

バタバタな日々を過ごしていたせいか
吊るし雛を出さぬ間にその日を迎え終えてしまいました。
唯一、エイトが幼稚園で作ってきたお雛様を飾れたことが救いです。

やっぱり雰囲気って大切ですしね!

3年前くらいかな?

羊毛を使って、手作りお雛様を作ったのですが
自己流でやったため、翌年からクタクタになり
もう飾るのもどうだろうなぁ〜という感じになっていました。

わたしとしては、もう一度ちゃんと新しく作りたいのですが
それをウサコに相談すると
「新しいのじゃなくて、このお人形がいい。」とのこと。
クタクタを修繕して、このお人形を飾りたいそうです。

そうそう。
ウサコは結構、こういう事が多くて
誰かが作ったもの(だいたいは、わたしなのだけど)が
どんなに失敗したものであっても
「ママが作ってくれたもの」というだけで
本当に大切にしてくれます。

だからこそ、創るときは真剣にちゃんと作りたいなぁーと
改めて感じた桃の節句でした◎

写真は、カステラの端っこを買って作ったケーキ。
ウサコ&エイトが仕上げてくれました。

食べるときには横に倒れていましたが
美味しゅうございました!

来年はちゃんと飾ろう、吊るし雛。

やさぐれても、なお。

family

ご無沙汰しています。
わたしは、けっこう元気に過ごしています。

最近は暖かい日も多く
庭の梅の木はほぼ満開になっています。
春は確実に近づいていますね!

さてさて。

実は、自分でも気づいていなかったのですが
この頃のわたしは、ちょっとやさぐれていたようで
些細なことにも「愛がないなぁ〜」という発言、行動でした。

本当!やさぐれてることに、全く自覚なしでして(笑)
こちらに悪気が無いもんだから厄介ですね・・・。
少しでも不快な気持ちにさせてしまった方々、ごめんなさいね。
どうにもこうにも、今はこのポジションに在るみたいです。
(ちょっと抜けた感じはしますが・・・)

このやさぐれた自分にやっと気づいた最近なのですが
否定せずに、このやさぐれた自分も自分なんだ!
・・・と受け入れてみました。

そしたら固く結ばれた紐が解けるように
自分の声が聞こえた気がしました。

「周りに対して、愛がないなぁ〜」と感じていたのですが
実は、何よりも自分自身に対して愛がなかった訳です。

恐らく半年以上も前から、わたしの心が違和感を抱いていたことを
無視してその場をやり過ごしていたんですね。

しばらくはそうやって、その場しのぎでごまかしてきたのですが
やっぱり無視することは出来なかったようです。
遅かれ早かれ、自分の心の向く方へシフトするために
このゆがみは起こったでしょうね。

そんなことが、ここ最近ありまして。

やさぐれメルを認めると、わたしの心は
「あぁ~、やっとこっちを向いてくれた!」と
刺々しい態度を変えてくれました◎

本当に面白いなぁ〜。

何かを決心したとき。
その決意や覚悟を試されることがしばしあります。

本当に、そこへ向かう決意はあるのか?
揺らいでいるものは無いのか?
もう、ここを離れて大丈夫なのか?

・・・そんな感じでアレコレと試されるんですね(笑)

揺らぎながら、その答えを先延ばしにしていて
ついに「もう、いい加減にどっちか選びなされ!」と言わんばかりに
わたしの心の動きを見せてくれるようなことが起こりました。

「わたしは いったい 何をしたい?」

これを久々に、真剣に心に問うことになりました。
答えはひとつじゃないから、
今のわたしが問いだした答えが正解とは言わないけれど
きっと今の自分は、その世界を見てみたいのだろう。

同じ絵本を繰り返し読む時は終わって
わたしは新しい絵本を開こうとしてるのかもしれないな。

まるで、クリストファー・ロビンが
最期にプーと一緒に森へ行ったように。

やさぐれても、なお。
わたしは幸せに満ちた家族の絵を描けるんだんぁー
・・・と、自分を見つめ直した今日この頃です。