ある日のメモ。多分2014年の11月の頃

私の心にうっすらと
でも、はっきりとかかっていたベール。

それは、あまりにも薄っぺらくて
朝露に濡れただけで溶けて消え、
天使のため息だけで吹き飛ばされる。

ちょっと前の私だったら
知らないうちに
鼻をくすぐるくしゃみで
ひと吹きにしてただろうに。

あの誓いを交わした
一口のぶどう酒で
私はその透明なベールに気がついた。

それが熟して言葉になるまで
ずい分と時間がかかったけれど
今、こうしてコーヒーを飲みながら
お昼寝している天使たちの寝息を聞ながら
ふと、開いたページに現れた。

ただ、革命的なことがしたかっただけだ。

何かを壊したら、新しい何かが生まれると
信じていただけだ。

あなたが手にしたいものは
あなたの目の前のものを壊さなくとも
はじめから、あなたの手の中にある。

あなたが一瞬でも壊したいと思った、あるモノは
そのままで完璧で
そのままで愛おしい

女性として生まれた意味

egg

わたしにとって怒涛の3月が終わり
ほっとするやいなや・・・
ウサコ&エイトが仲良く水疱瘡。

感染力が無くなるまで外出できない春休み後半です。

元気になったら何しようかね!

さて、久しぶりにしっかり記事を書こうと思います。
ここ最近、感じていることです。

「どうして女性として生まれてきたんだろう」

こんな風に考えたこと、一度はありませんか?

考えたことがある人は、どんな答えが浮かびましたか?
もし考えたことがない人は、ちょっと考えてみてください。

さてさて。
わたしはどんな答えが浮かんだか・・・。
ここからは、あくまでもメル論ですので
違和感があっても、それはご愛嬌。
わたしが感じていることですからね!

結論から申しますと
「世界を幸せにするため」
これに尽きると感じています。

女性が幸せであることが
どれだけ周りを幸せにするか。
それはもう、世界を幸せにしちゃうくらい
とっても大切なことなんです。

幸せの定義は人の数だけあるので
自分の幸せは自分でしっかり感じて下さいね。

ところで、男性の幸せって何だと思いますか?
仕事で名声をあげる。
世界に名を残す。
家族を幸せにする。

・・・わたしが勝手に書き出してみましたが
どうでしょう、こんなイメージではないでしょうか。

でもね、どんなに名声があっても
どんなに仕事が上手くいっていようが
男性が幸せを感じるのは女性が幸せである時です。

だからこそ、女性は「自分の幸せ」について
真剣に考える必要があります。

エステに行くとか
美味しい物を食べに行くとか
好きな趣味に時間やお金を使うとか

そういう自分満たしや自分磨きも大切ですが
これらは一時的な幸せですからね。

女性が幸せであることが
男性の幸せであり
その結果、家庭や世界が幸せになる

卵が先か鶏が先かでは無く
鶏が先ですからね!

・・・であるのならば
始まりである「女性の幸せ」ってのが
一時的なものであればその先がどうなるかは
手に取るように分かりますね。
一時的な幸せの循環です。

女性が自分の幸せについて真剣に考えて
それが叶わない相手であるならば
離れることをオススメします。

こんなに真剣に考えたことがない!
ってくらい超真剣に考えて
それが叶わない環境ならば
思い切って変えることも有りでしょう。

そのくらい女性には決定権があると
わたしは思っています。

そのくらい女性は自分の幸せを願って良いし
何よりも大切にして良いと思っています。

男性の方は「オレが幸せにしてあげよう」
なーんて思わないでくださいね。
男性に幸せにしてもらうような時代は
もう昔話だとわたしは感じています。

そして女性も「わたしが支えてあげよう」
なーんて思わない方が良いでしょう。
ましてや「幸せにしてもらおう」
なーんて考えているなら
その幸せは手に入らないと思った方が良いかもしれませんね。

女性が自分で幸せになる時代です。

お洒落したり
カフェにランチ行ったり
買い物したり
映画を観たり

そんな一時的な幸せを時に自分に許し楽しみながら
自分が笑顔で輝ける物をしっかり見つけてください。

そうそう。
何でもバランスですからね。

内側だけの幸せではなく
外側もとっても大切です。

女性が女性であることを忘れた時。
男性は思いっきり冷めちゃいますからね・・・。

「どうして女性として生まれてきたんだろう」

一度、考えてみてくださいね。
答えはひとつでは無いと思いますが
超!超真剣に考えてみると面白いです。

で、そんなわたしはどうなのか?

まずは何より、ウサコ&エイト&ヒロトが
それぞれの人生を大いに楽しんで欲しいこと。
ツカちゃんとこの先、許される限り共にいることです。

「あぁ、わたしウサコたちの孫を抱きたい!」と本気で思い
いつまでも健康で有りたいな!と改めて感じましたとさ。

そしてわたしが出会う女性たちが
みんなそれぞれに幸せであって欲しいなぁ
というのが最近とても強く感じるようになりました。

・・・何だか、すっかりオバチャン化してますね、わたし。

そんな、お節介オバチャン化しつつあるわたしですが
50年経っても「メルちゃん」と呼ばれる
シワだらけのオバアチャンになりたいです◎

あぁ、これが一番想像してワクワクするな。

写真は2011年頃に夢中で創ったイースターエッグ。
玉子を大人買いして
天地に穴を空けて中身を吹き出し
洗って乾かして和紙を張って下地を創って
クレヨン塗って引っ掻いてニスを塗って
紐をくっつけたモノたち。

この頃は、自分の制作に夢中でした。
子育て真っ只中なのにね!

卵が先か鶏が先かではなく
殻のために大人買い・・・(笑)
こんなこと許されていたことが有り難い。

そんなわたしをいつもツカちゃんは
嬉しそうに観ていたなぁ。

玉子の中身を吹き出しちゃうから
いつもスクランブルエッグかオムレツか。
たまには目玉焼きも食べたかったろうに
そんな事情のメニューにも
嬉しそうに食べてくれてた家族に感謝です。(笑)

最近は想うことが沢山あり
書きたいことも山盛りで。

なかなかブログを書けずにいましたが
少しつづ文字に起こしてゆきますね。

長文、お付き合いありがとうございます◎