いちごだいふく

こんな美味しい苺大福は食べたことがない。
と思った数年後に、もっともっと美味しい苺大福に出会った。
ナンバーワンの座はあっさりと翻される
そんな厳しい世界なのです。

いちごだいふく

いちごだいふく


画像の無断転用・使用禁止

きいろいぞう

ゾウのことが気になって仕方なく
きっとインドが私を呼んでいるのだと思った。
その日からインドへの空想旅行が始まりましたが
いつの日か本当に訪れようと思います。

きいろいぞう

きいろいぞう

画像の無断転用・使用禁止

ティンカーベル

やきもちを焼いてちょっと悪戯しちゃうくらいの可愛い乙女心を
どこかに忘れてきちゃったなぁ・・・と思ってたけど
しっかり私の中にも残っていて
それは遺伝子となって受け継がれてゆくのです。

ティンカーベル

ティンカーベル


画像の無断転用・使用禁止

きんかん

きんかんに誘われて
私はそこに落ち着きました。
きんかんが「ここに住みなよ。」って言うもんだから
私は迷わず「うん。」と首を縦に振りました。

きんかん

きんかん

画像の無断転用・使用禁止

Life kike a shooting star

まばたきをするくらいの一瞬に
3回なんてとても言えないから
私はいつだって願い事を唱えます。
呆れられても、夢見る夢子と言われても
一瞬に3回なんて言えた試しがないのだから仕方ない。

life like a shoothing star

life like a shoothing star

画像の無断転用・使用禁止

ハッピー・チェリーブロッサム

ちょっとした恋心を抱いて描いて
照れくさかったんで嘘をついてしまったのだけど
その恋心はあっさり見抜かれていて
ちょっとした嘘をついた自分がさらに照れくさい。

ハッピー・チェリーブロッサム

ハッピー・チェリーブロッサム

画像の無断転用・使用禁止

夜のどうぶつえん

指をさされることも慣れっこになって
時間がきたらご飯を食べて
たまにショーなんかやったりして
そんな風に毎日をこなしているけど
ふと夜になると違和感を覚えるのです。
風の音や空気の色がちょっと違うな、と思うのです。

夜のどうぶつえん

夜のどうぶつえん

画像の無断転用・使用禁止