2014.1.18

南阿蘇のベジブリスで「月経血コントロール」のワークショップへ。
神戸から来た講師のひらやませいこさんは、ニコニコしていて関西ならではの笑いも入りつつ
とても大切な命のお話を丁寧にしてくれた。

ウサコが生まれてから、何がきっかけか忘れたけど紙ナプキンから布ナプキンへ変えた時の衝撃は忘れられない。
月経血をちゃんと見ることも、ましては触ることなんて今まで一度もしたことなかった。
布にしたことで、洗濯をするから嫌でも向き合うことになる。
そして、洗濯するときに洗面器に張った水が綺麗な赤い水に変わってゆく様子は、何とも神秘的だった。
「汚物」なんて言葉は全く当てはまらない。
出産に似た、全てが自分の神聖な出来事のようだった。

そして不思議なことに、訳あって紙ナプキンを使い出すと、とたんに月経に無関心になり「汚物」という意識になった。
この意識の変化には自分でも驚いたな!
わたしが「汚物」と感じると、月経も素直に「汚物」らしく振る舞うというか、とにかくわたしに対して不快なことばかりしてくる。
月経血の量が増えたり、生理痛が激しくなったり、イライラしたり…。まるで子どものようだな、と思う。

関心が向いてないと分かると「こっち見てー!」と言わんばかりに注意を引こうとアレコレしてくる。

そんな不思議な体験があったから、「月経血はコントロールできる」という言葉には可能性を感じていた。
うん、確かに出来るような気がする。

そんな思いで参加したワークショップ。
いやぁ、本当にお話の全てが素晴らしかった!

「月経は出産だからね」とせいこちゃんは言う。
月経2日から14日後の排卵に向けて骨盤がゆっくり開いてゆく高潮期は、左右の肩甲骨が近づいてゆくので、
胸を張ったような背筋がピンと伸びた体型になるらしい。
排卵日にはそれがピークに達して肌の調子もよく、一番女性らしい状態になる。
人がより妊娠を可能にするために備わった自然の流れだなぁ。

そしてゆっくりと骨盤は閉じてゆき次の排卵の準備期間の低潮期に入る。
その低潮期こそが出産で言うマタニティー期間で、
この2週間をどう過ごすかに月経(出産)がかかってるらしい。

潮の満ち干きがあるように。
月の満ち欠けがあるように。
人の体や心にも波がある。

高潮期は、エネルギーに満ちていて活動的で積極的になり
低潮期は、内蔵機能が低下して、水分も60%が下へ向かうのでむくみやすくなる。

マタニティ期間である低潮期は、体を冷やさないようにして、内臓に負担の無い食事をしてゆっくりと過ごす。

本当!出産と同じだ。

そして「生理痛は病気じゃない」という間違った認識。
「痛み」は体のサインなのに薬を飲んでまで無理して休むことをしないのは、
体の声を無視してることなんだなぁ。

体のリズムを受け入れて、体の波に合わせて過ごす大切さを教えてもらった感じ。
本当に女性の体って月や海と同じで神秘的で宇宙的だなぁ…と感動。
女性であることに感謝。

せいこちゃんのお話は他にもたくさんあり一度に記せないので、また後日。

子どもたちはツカちゃんと一緒に阿蘇めぐりをして、わたしはベジブリスの美味しいランチを頂く。

外は雪!
ツカちゃん&ウサコ&エイトと合流して温泉に入って帰る。

IMG_3964

今日はPM2.5が警報レベルで空が不思議なベールに包まれていた。

2014.1.16

幼稚園のオープンスクールと誕生日会。

誕生日会は、毎度先生たちの手遊びや劇などの出し物があり
大人の方が見入ってしまうほど面白い。
今回の「シンデレラ」の寸劇は、大人も大笑いで楽しかった。

本当に、先生同士が仲良しだなぁ〜と感じる。
素敵な大人に囲まれて、子どもたち嬉しいだろうな。
わたしも嬉しい。

その後の室内自由遊びの時は、エイトも一緒に粘土遊びを。
ウサコもそれが嬉しい様子が手に取るように伝わる。
エイトの座る椅子が無いと気づくと、迷わず自分の椅子に座らせる姿に感動しちゃった。
それに気づいた先生が、他のこの椅子をウサコに貸してくれたけど、
そういう気配りは小さなことだけど感動する。

お昼ご飯になり、プレルームでおにぎりとケーキを食べてエイトと幼稚園を出る。

夕方、ウサコを迎えに行ってからツカちゃんが借りる予定の物件を見にゆく。
菊池神社の前の御所通りにある、趣のある建物。
部屋の中も綺麗で好印象。

近くにある「隈府一番館」というギャラリーに初めて入ってみた。
ちょうど写真展をやっていて「こびとのマルシェ」の看板の前で笑顔の竹熊先生を発見。
素敵な写真だったなぁ。
ちょっと嬉しかった。

その後は、温泉に入って帰る。

2014.1.15

幼稚園のオープンスクール。
ウサコの年長さんは園庭で出初式の練習。
はっぴを着て敬礼したり、キビキビ動いたり、大きな声を出すウサコの姿は
小さいながらも頼もしくて素敵だった。

エイトと一緒にメロンドームでお弁当。
食堂でダゴ汁と玉子焼きを注文したとは言え、持ち込みのお弁当を食べる我らを
何も言わずに受け入れてくれることに感謝。
途中でトイレに行ったりしながらも、かなり長居していたのでアンケート用紙全てに「満足」を選び投函。

ダゴ汁も美味しかったしね。

その後は車の中でエイトは夢の国へ。

エイトと遊ぶ→お弁当食べる→車でお昼寝→ウサコのお迎え
このコースが毎日のお決まりとなってきた。

エイトのお昼寝タイムがわたしの自分時間。
車を川沿いの公園に停めて、ココア飲みながら読書する時間が
陽だまりのように幸せを感じる。

子どもと過ごす時間が嫌いな訳じゃない。
子どもと過ごす時間も自分の時間だけど、ノープランな何もしない時間も愛おしい。

たった数十分の時間を、こんな風に感じられるのも子どものお陰さま。
ありがたいなぁ。

2014.1.14

IMG_3958

「こどもを中心に過ごす」と決めてから、しばらくは自分の予定は控えるようにしている。
でも、どこかで自分だけが犠牲になっているような気持ちが残っていて、まだ手放していないことに気付く。

いままでも子どもと一緒に過ごす時間がほとんどだったけれど、一緒に居ながらもココロここにあらず状態だったんだな。
そんなことを痛感する日々。

たとえ「子どもを中心に」と言葉にしても、本当に心からの言葉でなければ意味がない。
そういうの、子どもはちゃんとキャッチしている。
こちら側が適当なことも、本気なことも、ごまかしていることも、すべてお見通し。

いままで以上に子どもとの時間を大優先してから、子どもたちが変わった。

ウサコは、一人で部屋に入れなかったピアノ教室。
「じゃーね〜。ばいばーい!」と元気に教室に入って行った。
30分後に迎えにゆくと、やはりニコニコ顔で車へ戻ってきた。

この変化には驚いた。

わたしの心がちゃんと自分に向いていると感じて安心したんだろうね。

いかに今までが口だけだったか!
わたしの何処かに「犠牲になってる」という気持ちが少なからずあったんだろう。

暴力はいけない。
言葉の暴力もいけない。
心の暴力もいけない。

子どもはただ、言葉を受け取ってる訳じゃないんだ。
その言葉の中に含まれる想いを受け取ってる。
だから、もう嘘をつくのはやめよう。
裸の王様みたいに、全て丸見え。

今日もエイトとさくらんぼハウス。
素晴らしき日々。

2014.1.13

またまた、さくらんぼハウス。
エイトは本当にこの場所が大好きみたいだ。
今日はお話会があり、子どもがたくさん集まっていた。
久しぶりに会うお母さんもいて、わたしも菊池に馴染んできたなぁと思う。
引っ越して来る前は、知ってるひとはほとんど居なかったのに、不思議だ。

ウサコは出初め式の練習をしているようで「敬礼!」「右へならえ!」と家で繰り返す。
キリリとしているウサコは、また違って可愛い。

IMG_3952

寒さ厳しく、我が家の薪ストーブは大活躍。
それにしても、薪のなくなるペースが早くで驚く。
2年分は在るだろう、と思ってた薪たちはあっと言う間になくなり、我が家を暖めてくれる。

シロアリ発生で切ることになった神社のご神木。
驚くほどにバッサリと数本切った神社は、景色が変わるほど明るくなった。
樹が無くなり切なくもなったけれど、ちゃんと新芽が切り株から生えていて緑が蘇りつつある。
命ってすごいなぁ。

感謝して暖をとっております。

2014.1.12

午前中にウサコが春から通う小学校まで歩いてみる。

2014.1.12

集落の田んぼ道をグングン進んで、坂道を下り、直線をひたすら歩く。
ふだんは歩かない道だけに、新鮮で楽しかったけれど、これが毎日となるとどうなんだろう。
ウサコは走りながら、標識を触ったりして嬉しそう。ちょっと早めのペースで50分で到着。
うん、歩けない距離ではないな。これを毎日往復したら確かに足腰は強い子になること間違いなし。
小学校の近くにある公民館へ行き、図書室で絵本タイム。
車で合流したツカちゃん&エイト。帰りは車であっと言う間に帰宅。

わたしが子どもの頃は通学距離はどのくらいだったんだろうな。
雨でも雪でも歩いて通った通学路が懐かしい。

2014.1.10

久しぶりに子育て支援センター・さくらんぼハウスに遊びに行く。
鏡開きということもあり、お昼にぜんざいを食べる。
クリスマスにサンタさんからお弁当箱を貰ってからというもの、エイトはウサコと同じお弁当を食べるのが日課。
今日ももちろんお弁当持参だったけれど、ぜんざいを沢山食べて半分は残す。

その後は、ままごとをしたり、砂場で遊んだり、絵本を読んだり楽しんだ様子。
そう言えば、こんなにのんびりとエイトと過ごすのは久しぶりだ。
自分の予定を控えて、子どもに合わせると時間の流れが変わって面白い。

そのままウサコのバスお迎えに行き、図書館へ。
食べ残したお弁当を車の中で仲良く分け合う二人。
こうして一緒に行動するのも、いつまでだろう。
子どもたちもわたしも。

素晴らしき、日々。