2014.1.4

母と一緒に近所のショッピングモールへ。
「クリスマスプレゼントにウサコとエイトに靴を買ってあげたい」と言うので直接選びに行く。
最近出来たらしいショッピングモールは、新春という時期もあり人が多い。
ウサコは今までで一番のザ・ピンクのスニーカーをすぐに選ぶが、エイトが時間かかった!
普段からそうで、必要に迫られてサイズのみ合わせて適当に買った靴は一度も履かなかった。

今回のエイトの言い分は「エイトはこれがあるから靴はいらない」と、お下がりの1代前プリキュアで満足顔。
それでも何とかして孫に靴をプレゼントしたい母は、あれやこれや靴を持ってきてはエイトに勧めるが苦戦。
いろんな靴を試し履きさせようとしても頑として履かず、あぁ〜買うの無理かも…と諦め掛かる。
…が!その時奇跡が起こって、ある1足の靴がエイトの心を緩め買うことに成功。

今日の目的が達成できて一安心したけれど、靴選びに想像以上の時間を費やしたので2人の空腹がマックスに。
混んでいたけどレストラン街で昼食。大好きなパンのバイキング。
たらふく食べ、帰りの車では熟睡。家に着いたも起こすのが可哀想でそのまま車でお昼寝タイム。
寝ている隙に近くのコンビニでホットコーヒーを買って車に戻って読書をしてたら
母が家からマグカップにコーヒーを入れて持って来てくれた。
あぁ、もう少しコンビニに買いに行くのが遅ければ良かったな。
母の入れたコーヒーがとてつもなく飲みたい気分。ふたりが起きたら部屋で飲もう。