2014.2.6

朝方、無事にチラシを入稿!
よくやった、自分よ。

ここ数日はエイトとたっぷり遊んでいなかったので、さくらんぼへ。
顔なじみになってきたエイトは、友達と遊ぶことの増えていろん経験をしている。
子どもの世界が広がる分、わたしの世界も広がっているんだな。
けっこう楽しい。

ウサコは幼稚園の発表会がそうとう楽しみのようで、お遊戯の唄を歌っている。
「むかし昔のそのむかし〜誰かさんと誰かさんが〜こんにちは〜♪」
という唄に合わせてわらべ唄をメドレーで踊り歌うらしいんだけど、この曲が気になって仕方ない。
で、わたしが歌うと「そのむかし〜♪ のところからメルちゃん違うんだよねー!」とダメ出し。
踊る姿がなんとも愛おしく可愛いので、何度もダメ出しもらって教えてもらう。
あぁ、楽しみなんだな。

それで、今日幼稚園からの連絡帳で先生が教えてくれた話。
年長組で「ミッキーマウスマーチ」を合奏するんだけど、その楽器を決める時に
「木琴」で珍しくウサコが手を挙げたらしい。
いつもなら手を挙げたくても出来ないウサコに、後から先生がこっそり「うさちゃん、何する?」と聞いてくれる。
それなのに、今回は自分から手を挙げたらしい。

希望者が何人かいたけれど、ウサコは希望通り木琴を演奏することに決まった。
でも、あとで聞くと「うさちゃんが自分で手を挙げたから、木琴はうさちゃんがやったらいいよ」と譲ってくれていたお友達がいた。

凄いな!
子どもって本当に綺麗だな。

そして、先生たちも本当に素敵だな。
こどもにとって、何よりも大切なのは環境だと思う。

わたしは、こういう子どものキラキラした気持ちに気付けるだろうか。
子どもが元々持っている、こういうピュアで綺麗な気持ちを出せる環境は本当に素敵。

世界を未来の子どもたちのために、より良くしよう。
なんて思っていても、実は子どもたちがわたしたちの為に世界を素晴らしくしてくれている。
わたしたちは、ただ純粋にそれを受け取ってありがたくこの世界を楽しめばいいんだ。

ウサコの木琴の音は、その音にたくさんの綺麗なキラキラを乗せるんだろうね。

いろんなドラマがある、毎日が発表会のよう。