2014.3.12

お部屋遊びをしたのち、お散歩がてらご近所さおちゃん家へ。
エイトがハンちゃんの玩具で遊びだしたら止まらずに結局、お昼を頂くことに。

とちこちゃんも一緒にランチ。

IMG_4139

野草入りのパスタ、美味しかったなぁー。
エイトもよく食べて、よく遊んだね。

昨日、体験で幼稚園で1日過ごしたエイトは、疲れたけれども相当たのしかったらしく
その日の夜に幼稚園に行く夢を見たんだって。

今朝その話をするエイトがとても嬉しそうにしてたから、わたしも嬉しくなった。
で、そのことを幼稚園の先生に伝えたいからウサコの幼稚園までお迎えに行って欲しいと言う。
可愛いなぁ、よほど嬉しかったんだね。

それなのに。

お迎えに行く頃には熟睡で起こすに起こせず。
またの機会に伝えておくね。

家に着いてから夕飯の支度をしてると、外で遊んでいたウサコが
「メルちゃん、ちょっと来て」と呼びに来た。

行ってみると畑近くの農業用水にエイトが落っこちてズブ濡れで立っていた。
まだ田んぼが始まっていないから小川のような流れだけど
5月を過ぎると、大人でも怖くなるくらい流れが速くなる。
農業用水の流れが強い時は、近くを歩くのも心配なので何度も言って聞かせているんだけど
子どもは楽しいことや冒険も好きだもんね。
いつかこんな日が来るかもしれないと思っていた。

それが、まだ流れの弱い時期で本当に良かった。

泣くのを我慢してたらしいエイトも泣き出して、そのまま抱きかかえて温泉へ直行することに。
「約束しているはずだよ。流れが速かったら本当にどうなってたか分からない。」
と、強く真剣に話をすると、ウサコも責任を感じてたらしく涙をポロポロ溢した。

とりあえず、指に擦り傷ができたエイトに新幹線のばんそうこを巻いた。
小さくて細いエイトの指には大きすぎるので、ちょっとハサミでカットして
切り取った新幹線の部分をエイトの水筒に貼り、少し機嫌を取り戻した。

そして冷える前に温泉に行くよ〜!とウサコに声をかけると
「ちょっと待って!」とウサコが何やら探しものをして戻って来た。
自分のシール帳からショベルカーのシールを持ってきてエイトの水筒に貼った。

何だか温かい気持ちになって、温泉ではご機嫌なふたりになっていた。

家に戻るとツカちゃんが村のご近所さんからプリンターの設定を頼まれ
お礼にたくさんの卵を頂いて帰ってきた。

先ほどの出来事をツカちゃんに話しながら夕飯を作り、
ウサコもエイトもちゃんとわかった様子だったのでひと安心。

シールをあげたウサコも、貰ったエイトも嬉しかったらしく
しばらくシール交換をしてはお互いにあげたり貰ったりすることを楽しんでいた。

子育て中は、こんなハラハラが何度となく起こるんだろうな。
そのたびにわたしは、ただ元気に存在してくれている奇跡を感じずにはいられないのだろうな。

夕飯は豆乳スープと里芋。

いつもと変わらない食卓だけど、感じることの多い時間だった。