流れが変わる時(ポポちゃん・4)

意識が変わると、世界が変わるんですが
ついそれを頭で理解してしまうことは多々ありませんか?

分かったつもりになっている・・・この感覚です。

そういう時は、本当に抜き打ちテストのように試されるんですね(笑)

村上さんのお話会に参加したあとのわたし。
(詳しくは「ポポちゃん・1」「ポポちゃん・2」「ポポちゃん・3」をお読みくださいね☆)

あまりにもパートナーの意見や気持ちを無視して動いた自分を
有り有りと見せられて、ハッと気づいた訳です。

その後どうしたかと言うと、わたしは何もしませんでした。
お話会の感想を述べるとか、気づいた想いと伝えるとか、相手に謝るとか。

そういう一切の行動を取らずにいました。
別に意識した訳ではないんです。
ただ、何も行動する気持ちにならずポカーンとしてたんですね(笑)

まだ妊娠2ヶ月だったので、パートナーと近しい友人以外には公表して無かったので
この時期は本当に不思議な時期でした。

病院へも行かずに、誰にも話すことが出来ずに、ちょっとセンチメンタルに陥っていました。
布団の中でシクシク泣いていることもあったし
全ての予定を白紙にして何もしたくないと感じていました。

以前のわたしだったら、すぐにパートナーに自分の気持ちを伝えたのでしょうが
不思議なことにそれを出来ずにいたんですね。

そんな感じで1ヶ月くらいが過ぎたある日。

パートナーのツカちゃんが
「そう言えば、病院は行かなくても大丈夫なの?」と心配そうに声を掛けてくれました。
5年振りに行った産婦人科。
1度行ったきり、足が向かなくなっていたんですね。
3人目で何を言ってるの?と思われるかも知れませんが
かなりショックを受けたんです。
心身ともに、もう行きたくない・・・と思いました。
(このお話しはまたの機会にしますね。)

ちょうどセンチメンタルになってたわたしだったので
どうして病院へ行きたくないのかをツカちゃんに伝えながら
涙が溢れてきました。

やっとツカちゃんとこの話題ができたことで
溢れた涙でもあったんでしょうね。

わたしの中で「相手を説得しよう」という気持ちが全くなかったので
この時は、この短い会話で終わりました。
でも、この短い会話から新しい流れが始まったように感じます。

しばらくセンチメンタルな上に腰痛もあったので
知り合いのところでテルミーを受けました。

話がちょっと逸れますが
わたしは今まで自分に向けて何かをすることが少ないんですね。

何でも自分で解決したがる性分なのか(笑)
マッサージとか、セラピーとか、美容院とか
そういう自分をメンテナンスすることに関しては
エネルギーを使わないタイプです。

とことん自分の力を信頼していたんでしょうね(笑)

「答えは自分が知っている」という確信。
これは、もちろん今も変わらずわたしの中にあります。

でも、この時に新しい意識が生まれました。

「世界は自分が作っていて、答えは自分が知っている」
「誰かに癒してもらったり、解決してもらうのではなく、自分自身で解決したい」
「何よりも自分がパワフルでありたい」

この意識がとても強いタイプのわたしは
お陰様で自分を信じてパワフルである体験を沢山しました。

その代わり、あまのじゃくで周りの手助けを素直に受け取らない面もあったんですね。
ちょっと乱暴な表現ですが、周りを信頼していない状態です。
自分以外を信頼出来ない。

自分を信じてパワフルであっても、周りを信じて助け合っても
どちらの体験も貴重な体験なので良し悪しの話ではないんですね。
どちらが正しい、間違ってるというのはありません。

バランスの問題です。

自分がパワフルであることは変わりないのだけど、
何でも自分で完結していたら、世界はわたしだけの存在になるなぁ。
せっかく何十億にも別れた存在なのになぁ。
ひとりで遊んでるのもつまらないなぁ。

そんな意識になったんです。

いつもだったら、寝たり自分で体操したりしてやり過ごす腰痛。
予約を入れてテルミーを受けに行きました。

いろんな話をしながら温灸を受けていると
本当に自分の頑固な部分が緩んでゆくのを感じました。
自宅出産へのこだわりも、ずいぶん無くなっていたのですが
さらに「何処で出産でも構わない」という気持ちが増したのです。
(投げやりな気持ちではなく、委ねる気持ちでの「何処でも構わない」です☆)

そんな時期を過ごしていたある日。

「村上さんに会いに行くの、僕も一緒に行くよ。」とツカちゃんが言いました。
ツカちゃんなりに、自宅出産をした知人の話を聞いて、そんな気持ちになったみたいです。

わたしにとっては予想外の展開。

驚いたり、喜んだり・・・といった感情ではなく「不思議なもんだなぁ〜」という感覚でした。
わたしの意識が変わったら、何がどうしてそうなるのかは分からないけど周りの流れが自然と変わってしまう。

無駄な抵抗やエネルギーは使う必要はなく、本当に委ねてしまえば起こることしか起こらない。

それを体感した時期でした。

本当!お産に向けて、わたしの心も体も整ってゆくんだなぁ。

村上さんにお会いして、いろいろとお話しを聞くことになるのですが
3回目にして、本当にお産に向き合うことを体験してゆくわたしです。

長文、お付き合いありがとうございます◎

**********************

ブログランキングに参加しています☆
どうぞ宜しくお願いします。


人気ブログランキングへ