やさぐれても、なお。

family

ご無沙汰しています。
わたしは、けっこう元気に過ごしています。

最近は暖かい日も多く
庭の梅の木はほぼ満開になっています。
春は確実に近づいていますね!

さてさて。

実は、自分でも気づいていなかったのですが
この頃のわたしは、ちょっとやさぐれていたようで
些細なことにも「愛がないなぁ〜」という発言、行動でした。

本当!やさぐれてることに、全く自覚なしでして(笑)
こちらに悪気が無いもんだから厄介ですね・・・。
少しでも不快な気持ちにさせてしまった方々、ごめんなさいね。
どうにもこうにも、今はこのポジションに在るみたいです。
(ちょっと抜けた感じはしますが・・・)

このやさぐれた自分にやっと気づいた最近なのですが
否定せずに、このやさぐれた自分も自分なんだ!
・・・と受け入れてみました。

そしたら固く結ばれた紐が解けるように
自分の声が聞こえた気がしました。

「周りに対して、愛がないなぁ〜」と感じていたのですが
実は、何よりも自分自身に対して愛がなかった訳です。

恐らく半年以上も前から、わたしの心が違和感を抱いていたことを
無視してその場をやり過ごしていたんですね。

しばらくはそうやって、その場しのぎでごまかしてきたのですが
やっぱり無視することは出来なかったようです。
遅かれ早かれ、自分の心の向く方へシフトするために
このゆがみは起こったでしょうね。

そんなことが、ここ最近ありまして。

やさぐれメルを認めると、わたしの心は
「あぁ~、やっとこっちを向いてくれた!」と
刺々しい態度を変えてくれました◎

本当に面白いなぁ〜。

何かを決心したとき。
その決意や覚悟を試されることがしばしあります。

本当に、そこへ向かう決意はあるのか?
揺らいでいるものは無いのか?
もう、ここを離れて大丈夫なのか?

・・・そんな感じでアレコレと試されるんですね(笑)

揺らぎながら、その答えを先延ばしにしていて
ついに「もう、いい加減にどっちか選びなされ!」と言わんばかりに
わたしの心の動きを見せてくれるようなことが起こりました。

「わたしは いったい 何をしたい?」

これを久々に、真剣に心に問うことになりました。
答えはひとつじゃないから、
今のわたしが問いだした答えが正解とは言わないけれど
きっと今の自分は、その世界を見てみたいのだろう。

同じ絵本を繰り返し読む時は終わって
わたしは新しい絵本を開こうとしてるのかもしれないな。

まるで、クリストファー・ロビンが
最期にプーと一緒に森へ行ったように。

やさぐれても、なお。
わたしは幸せに満ちた家族の絵を描けるんだんぁー
・・・と、自分を見つめ直した今日この頃です。