ウサコの運動会

2016-5-30

2016-5-30

5月30日、月曜日。

雨で延期になって開催されたウサコの運動会。

月曜日だから、当然わたしはお仕事でして。
三色対抗リレーの選手に抜擢されたウサコの走りを
見てみたかったなぁ〜なんて諦めていました。

お弁当も、ツカちゃんとウサコの分だけだったら
重箱に入れないで、普通のお弁当箱にしよう。

そんなテンションでいた運動会前日。

幼稚園の先生から連絡があり
「運動会、明日になったでしょ?
遠慮せずに休んで運動会行って下さいね!」

この言葉に、本当にビックリしました。

子どもたちを預かる仕事をしているからこそ
1回きりの行事をとても大切にしていて
今までもそうして来たそうです。

運動会や卒業式などなど。
務めている幼稚園と行事が重なることはよくあるそうで
その度に、先生同士で協力し合いながら
その日1日を無事に過ごすようにしているそうです。

「先生である」ことと同じように「親である」ことも
大切にしているんだなぁー!と感動しました。

給食のおばさんになってもうすぐ1ヶ月。

先生たちが子どもたちの成長を
我が子のことのように喜んだり
頭を悩ませたりしてるのを目の当たりにして
「さすが、先生たちはプロだなぁ!」と感じていたのですが
キャリアとか技術や知識だけでなく
本当に心から子どもに寄り添えるのは
こうした園長先生の人柄なんだと思います。

「遠慮せずに、運動会へ行って下さいね」という言葉に
どんな想いが込められてると思いますか?

わたしは、本当にまだまだ自分中心なので
「わーい、ウサコの運動会の応援に行ける!」
という喜びと感謝で一杯でした。

どこまでも「わたしが」なんですね(笑!)

もちろん、それも大切なことではありますが
きっと園長先生は「ウサコの気持ち」に寄り添っていたと思います。

子どもたちは、他の誰でもなく
お母さんやお父さんに
自分の晴れ姿を見に来て欲しいんですね。

練習は何度でもできるけれど
本番はたった1回だけ。
その晴れ舞台を親に応援してもらいたいんです。

「明日の運動会、わたしも行けるよ!」と伝えた時の
ウサコの嬉しそうな顔ったら!

運動会当日は信じられないほどに晴天で
「運動会嫌だなぁー!」と言ってたウサコも
炎天下のもと、一生懸命頑張っていました◎

重箱に詰めたお弁当箱も空っぽになり
3年目の運動会は想い出深いものになりました。

「わたしも、子どもに寄り添える大人になりたい」

わたし、本当に恵まれた職場にいるなぁ。

エネルギーは伝染して、園長先生の人柄が
幼稚園の先生に広がっているのを感じました。

わたしも、そう在りたい。
園長先生みたいになりたい。

この歳になって「将来ないたいもの」の出会うなんて
宝の地図を発見したような気分。

写真は「よさこいソーラン節」を踊り終えたウサコ。

踊る場所の確認をしたにも関わらず
ウサコを見つけるのに苦労した我ら。

みんな同じ格好してるから大変ったらありゃしない。

カメラには納められなかったけど
この目で見れたことが嬉しい1日でした☆