きくちマルシェ、ありがとうございました。

  
4月29日(日)

孔子公園で開催の「きくちマルシェ」
ご来場ありがとうございます。

毎度、告知無しの出店でしたが
たくさんの人とお話しできて
楽しかったです。

HPのアドレスをお渡ししておいて
若干、放置状態でしたので
しっかり更新してゆきますね!

当面のマルシェ出店予定は無く
6月から菊池市の生涯学習センターで
「大人のクレヨン画教室」の
講師をさせて頂くことなりました。

只今、絶賛準備中でして。

6ヶ月後の10月には
額装して展示できる所まで
一緒に制作したいと思います。

こちらも講座の様子、アップしますね。
どうぞ、お付き合い宜しくお願いします。

今を生きる女性へ

自分への戒めも込めて。

先日開催しました「MELクレヨン原画展」
無事に終了しました。

お忙しい中、たくさんのご来場本当にありがとうございます。
わたしがこうして絵を描き続けられるのも
観に来てくれたり、新作を楽しみにしてくれたり
叱咤激励の応援があるからこそです。

わたしは常々、絵を描くスイッチは
わたしではない何かが押す・・・と実感しています。

だから、いったいいつまでクレヨン画をかいているかは
わたしにも分からず「天のみぞ知る」という感じです。

ちょっと乱暴な表現ですが
何か他に夢中になるものがあれば
あっさりとクレヨンを手放すだろうなぁ、と感じてます。

だから制作スイッチが押された時は
「あぁー!わたしまだ描くことが好きなんだね!」
・・・と嬉しくなります。
なんとも客観的ですね(笑)

そうなんです、そのくらい「描かせてもらっている」
という感覚なのです。

で、今回の記事のタイトルなんですが
自分への戒めも込めて書きます。

この展示中に感じたことです。

展示をして良く言われることは
「子育てしながら絵を描くのは、凄いよね」

わたし自身は凄いことをしてる自覚はないですが
きっと同じような人をみたら自分も「凄いな」と感じるだろうから
そんな風に感じてくれて嬉しいな!と思います。

展示中は10ヶ月のヒロトをおんぶして在廊してたので
「子育て真っ只中〜!」って雰囲気満載でした。
だから、より「子育てしながら絵を描いている」
というイメージが強かったでしょうね。

子育て真っ只中の女性にとっては
母親業をしながら自分自身の時間を作るのは
一見、とても大変に感じますね。

最近では、自分を満たすブームもあり
母親や妻である前に「自分自身」であろうとする傾向があります。

わたしは「自分満たしゲーム」と呼んでいますが
確かに、それは本当に大切なこと。
自分を大切にしない人が
周りを大切にできるはずがないですもんね。

わたしが絵を描くのは自分自身を充電する為でもあります。
制作スイッチが入る時はたいてい
「もう、描かずにはいられない!」って場合なので
お腹が空いたらご飯を食べる…というのと
さほど変わらない感覚です。

でも、同時にわたしは母でもあり
家族のメンバーでもあり
パートナーでもあります。

どんなに集中していようが
子どもが泣いたらクレヨンを放り出して
枕元へ飛んでゆくし
子どもがお腹を空かせれば
描くことよりもご飯を作ることを優先します。

パートナーに対しては
ついついコ後回しにしていまいますが
(大人だからね。)
パートナーでいられる「今」を大切にしたいと思っています。

そうなんです。

「今」を生きることを大切にしたいんですね。

「自分自身を生きていない」と感じてる人。
「自分を満たしたい」と願っている人。

満たされなかった「過去」を取り返すように生きるのではなく
満たされないものを求めて「未来」を生きるのでもなく
目の前のことを淡々とすることをオススメします。

だって、それが「今」ですからね。

日々の生活こそが、何よりも「表現」だと信じています。

絵を描くことや、歌うことや
踊ることだけが表現ではありません。

大切な存在を傷つけてまで描いた絵に
わたしはなんの意味も感じません。

で、しっかりと「今」を生きていれば
ちゃんと「その時」が訪れます。

自分満たしの表現は
どこまでも「自己満足」ですからね。
そこから表現が広がることは無いと感じています。

日々の生活こそが、わたしに感動を与えてくれて
それがたまたま「絵」という形になっています。

だから、その根っこにある「生活」が無ければ
わたしは絵を描くことさえできないのです。

わたしの表現に深みが出るように
日々の生活に感謝してゆきたいと思います。

自分への戒めも込めて。

こびとのマルシェ2012・March

『こびとのマルシェ』無事に終了しました!
たくさんの出店とたくさんの人が遊びに来てくれて本当に感謝です。

ポストカードもそろそろ新作を作ろうと思います☆
あと、最近は羊毛チクチクも気になります。
布物や立体も気になります。

…と、制作モードにスイッチが入りましたので
今年2012年は何か新しいものが生まれる予感です。

制作タイムが子供の寝静まった夜中ってのが辛いですが
適度に楽しむ所存です。

3月はイベント盛りだくさん。
出店が決まったらお知らせしますね。

6.11

Life is a Big smile!

震災から3ヶ月が過ぎた6月11日。
家族で新宿のデモに参加しました。

娘と一緒に作ったプラカードを持って。

木を植える絵。
そこにみんなが集まってくる絵。
雲に乗ってたくさん。

富士山を登る絵。
小さな子の手を引きながら。

娘と話しながらペンを持たせると
なんのためらいも迷いもなく
サラサラ〜と下書きを完成させました。

夏日のようにハレた日に
ベランダにて下地の色塗り。

その後はわたしが色鉛筆で仕上げました。

初めて一緒に制作した絵をもって
初めてのデモ行進に参加。

いろんな事を感じて
ここへ記したいことは多々ありますが
またの機会にします。

子供の中の世界は
こんなにも純粋でピースでハッピーなのだと
この絵を仕上げながら温かい気持ちになりました。

Life is a Big smile!!

思い描いたことは
実現するということを信じて。

もりふくろうの旅立ち 土気サタデーマーケット

土気サタデーマーケット2010.11.27

お天気にも恵まれ、無事に『土気サタデーマーケット』終了しました。

足を運んでくださった皆さま、ありがとうございました。

ここでもシティライフ掲載を見て覚えていてくださった方が
たくさん居て、その反響に驚きです。
本当にありがたい。

ポストカードもお陰さまで目標以上の売れ行きで。
夜中、せっせと印刷した甲斐があしました。
今後は印刷会社を利用してもっと良いものにしてゆきたいと思います!

そして、そして!
毎回、どうやって描くのか…?と質問があるので
今回は原画を3点持ってゆきました。
原画はクレヨンの温かい感じが残って
印刷物とはまた違った印象になります。

その3点のうち、最近一番人気の『もりふくろうの夜』が
わたしの元から旅立ち決定。

一点モノで、けっこう制作時間もかかっていて
何より、愛情たっぷりな作品たちなので
値段もそこそこするのですが。

ありがたいことに素敵な方に買って頂くことになりました。
近日お届けの予定。
今後も精進してゆきますので、宜しくお願いします。

年内はクレヨン画のワークショワークショップと
フリーペーパーの絵を。

そんな感じで、もうすぐ師走。

ご来場ありがとうございました!

こだまや個展2010・10

こだまやさんでの個展。
無事終了しました。
遠くからわざわざ足を運んでくださった方
カリー好きのご近所さん
こだまやカリーのファンのみなさま
たくさんの温かいメッセージ、ありがとうございます。
ポストカード&マッチもお陰さまで好評。

女将さんから追加の電話が来るたびに
嬉しさと驚きを隠せませんでした。
ポストカードも人気があるものがわかり
今後の活動に活かせそうです。
大好きな空間で展示ができて
たくさんの新しい出会いがあったこと。
本当に嬉しいです。
結局、週1ペースでこだまやさんへ通い
本格カリーを堪能した1ヶ月。
お腹も心もいっぱいになりました。
豆カリー、美味しかったなぁ。
ジンジャーチャイはこの冬、ハマりそうです。
今回、場所を提供してくださり
行くたびにエールを送ってくれた
こだまやさんのご主人&女将さん!
本当にありがとうございました。
わたしにとって心強いお兄ちゃん&お姉ちゃんのような存在。
そして憧れのご夫婦。
同じ、一姫二太郎を育てる先輩として
これからも宜しくお願いします。
何だか面白い展開になってきてるので
今後も続きそうなカリー月間。
インドにでも行っちゃおうかな。