絵本memo- 『くまのプーさん・プー横丁にたった家』

はい、勝手にわたしのオススメ絵本を紹介するコーナーがやってきました☆

さて、今回は4冊目〜☆
誰もが知ってるクマが登場します。

クマのプーさん・プー横丁にたった家

クマのプーさん・プー横丁にたった家

『クマのぷーさん・プー横丁にたった家』(岩波書店)
作・A.A ミルン
訳・石井桃子

誰もが一度は見たことがある、この黄色いクマさん。
そうです、クマのプーさんです。

キャラクターの方が先に入ってきて
お話を読んだことがなか方も結構いるのでは…?と思うほど
大人気ですね、プーさん☆

そのクマのプーさん。
実在していたことを知っていますか?

劇作家だったミルンが一人息子のクリストファーロビンの部屋に集まってくる
ぬいぐるみたちを登場人物にして童話を書きはじめたのが、『クマのプーさん』です。

幼い頃に、誰もが持っていた魔法の世界を
ミルンは個性豊かな登場人物を使って現実にしてしまいます。

そう!たとえ夢のような魔法の世界であっても
子どもたちには現実ですからね。
(その中で生きていますから…☆)

そして大人になったミルンがそうであったように
やはり魔法の世界は、かつて居た世界なんです。

この全集には全部で20個のお話がありますが、最後のお話
「クリストファー・ロビンとプーが、魔法の丘に出かけ ふたりは、いまもそこにおります」
の1話は切ないほどに真実を物語っています。

いつかは大人になり、その魔法の世界を去る日がくる。

子どもはそんなこと知りもせずに魔法の世界の住人になり
ちゃんと「さよなら」も言わずに、いつの間にがその世界を去ってゆきます。

多くのひとがそうであるように
子どもの頃には、そこに気がつくことがありません。

わたしも大人になり、親になり
子どもがまさに目の間で魔法の世界の住人になっている姿を見て思うのです。

あぁ、わたしもこんな時間を過ごしていたな…と。

「クリストファー・ロビンとプーが、魔法の丘に出かけ ふたりは、いまもそこにおります」

このお話は、こんな一節からはじまります。

クリストファー・ロビンは、いってしまうのです。
なぜいってしまうのか、それを、知っている者はありません。
なぜじぶんが、クリストファー・ロビンのいってしまうことを知っているのか、
それを知る者さえ、だれもないのです。
けれども、森じゅうの者は、どういうわけか、ひとりのこらず、
とうとうそういうことになるのだということを知っていました。

そして、いてもたってもいられなくなった森の住人たちは
お別れの詩を書いてクリストファー・ロビンに会いにゆきます。

手紙を受け取ったクリストファー・ロビンは
プーを連れて「魔法の丘」へ出かけます。

しばらくいろんな話をした後に
クリストファー・ロビンは言います。

「ぼく、もうなにもしないでなんか、いられなくなっちゃったんだ。」
「もうちっとも?」
「うん、少しはできるけど。もうそんなことしてちゃいけないんだって。」

プーは、つぎのことばをまっていましたが、またクリストファー・ロビンがだまってしまったので、
「クリストファー・ロビン、なに?」と、力づけるようにいいました。

「プー、ぼくが…あのねえ…ぼくが、なにもしないでなんかいなくなっても、
ときどき、きみ、ここへきてくれる?」
「ぼくだけ?」
「あぁ。」
「あなたも、ここへきますか?」
「ああ、くるよ、ほんとうに。プー、ぼく、くるって約束するよ。」

クリストファー・ロビンには、これから何が起こるのかが分かっていて
プーにはそれが、全く分かっていないのです。
分かっていなのだけど、なんとなく感じているのです。

「プー、ぼくのことをわすれないって、約束しておくれよ。ぼくが百になっても。」
「ぼく、約束します。」

ふたりはそんな約束をします。

それでもクリストファー・ロビンは続けます。

「たとえ、どんなことがあっても、プー、きみはわかってくれるね?」

プーはいつでも、ここにいて
忘れていってしまうのは自分の方であることを
クリストファー・ロビンは知っているのです。

わたしはこの話だけは、読み聞かせながら泣いてしまい
最後までちゃんと読めません(笑)

でも聞いている方のウサコ&エイトは、ケロッとしていて
むしろなぜ、わたしがこんなにも涙が出るのが不思議なようです。

そうなんですね。

いま、まさに魔法の世界をリアルに生きている二人には
まだ理解ができないのだと思います。

ここで感情が揺さぶられるのは
かつて魔法の世界に居たことを覚えている大人だけなんです。

でも、ここでわたしが感じたことは
感情が揺さぶられることを
「悲しい」とか「あの頃は良かった」とか
「大人になることは寂しい」とか
そういう感情のジャッジをするのではなく
「揺さぶる何かが胸のあたりに生まれた」こと自体に意味がある。

そして、魔法の世界を体験したことのないひとなんて誰も居ないので
すべてのひとに、何かしら心に振動が起こると思います。

「切ない感じ」かもしれないし
「照れくさい感じ」かもしれない。

「悲しい感じ」かもしれないし
「抵抗感」を抱くひともいるかもしれません。

その感情の名前なんて、どうだっていい訳で(笑)
何かしらの反応があること自体に意味があると思っています。

揺さぶる何かが生まれることは
かつて魔法の世界にいた何よりの証拠です。

わたしの場合は、お話したように涙が溢れるほどに
胸のあたりがギューっとなり切ない感じがしました。
そして同時に嬉しい気持ちにもなったのです。

あぁ、わたしちゃんと魔法の世界に住んでたんだな。

「さよなら」には、悲しさがフォーカスされがちですが
同時に喜びも含んでいます。

よく言われる「陰と陽」ですね。
本当にすべてにこの2つは存在しているんだな〜と感じます。

クマのプーさんについて語り出したらとまらないわたしですが(笑)
本当に、この物語には素敵なメッセージがたくさん入っています。

作者のミルンや、翻訳者の石井桃子さんの優しさを感じます。
(そうそう、翻訳も実は重要なんです!またの機会のお話します☆)

そのあとクリストファー・ロビンとプーは魔法の丘を出ます。

最後の1節には、ミルンの人柄がよく表れているな…と感動します

ふたりは出かけました。
ふたりのいったさきがどこであろうと、
またその途中にどんなことがおころうと、
あの森の魔法の場所には、
ひとりの少年とその子のクマが、いつもあそんでいることでしょう。

大人でも十分楽しめる1冊です。
「クマのプーさん」はいろいろな本が出てますが
原作を読むのを勧めします☆

ついついカラフルな色使いの絵本に惹かれがちですが
絵の少ない原作であっても、4歳の息子はプーさんの世界を楽しんでいます。

キャラクターを全面に出した、いわゆるアニメ版みたいな絵本を
わたしは否定しませんが、正直に言うと何も感じません(笑)

薄っぺらい感じがするというか
内容がまったく無いというか
面白さをまったく感じないのです。

確かに原作版は絵も少なければ、字も多いいし
「難しそう!」というイメージを抱くかもしれません。

1つのお話を読み聞かせるのには、長いな…と感じる場合は
きりのいい場所でシオリをしてもいいと思います。

読み手の自分が楽しめていることが何よりも大切ですからね☆

大人も魔法の世界の住人になれる絵本タイムは有り難いですね!

絵本memo-「 おはなしのろうそく9 ホットケーキ」

立春・満月を控えて
ちょうど1週間前の今日。

プチ断食を始めました。

…と言っても、朝食を抜いて
昼と夜を小食にするくらいからスタートです。

空腹を感じたら白湯を飲むようにして
なるべく体を動かすようにしています◎

デトックス祭りの春が来る前に
ちょっと体の準備をしようと思っています。

タイミングの合う方、ぜひご一緒に☆

我が家は7歳の娘と4歳の息子がいるのですが
この年齢差は同じ絵本を読み聞かせるには
ちょっと難しかったりします。

ウサコには退屈過ぎたり
エイトには難しすぎたり。

でも年齢幅広く読める本もあるのでご安心を〜◎

さっそく絵本の紹介です。

おはなしのろうそく9 ホットケーキ

おはなしのろうそく9 ホットケーキ

編/東京子ども図書館

図書館で読み聞かせをしていて
その中でも人気のあった日本や海外の昔話、手遊びなどが収録されています。

1巻から10巻まであり
我が家では1日1話ずつ読みました。

どれも短いお話なので、覚えて素話できたら素敵だな〜と思います。

9冊まで読み終えて、この『ホットケーキ』は一番人気でした☆
(8巻だけは、いまだ図書館で見つけることができず…)

このお話はノルウェーの昔話で
類似したお話でロシアの昔話「おだんごパン」があります。

ある7人の子どもがいるお母さんが
子どもたちにホットケーキを作ってあげます。

子どもたちはいつもお腹を空かせていたので
順々にお母さんを褒め称える言葉を言って
ひと口ねだってゆきます。

(このやりとりも、子どもたちは大笑い◎)

そして、お母さんが
「待っててね、ホットケーキがひっくり返ったらできあがるよ。」
と言った瞬間、ホットケーキは食べられるのが怖くなり
フライパンを飛び出して転がって逃げ出すのです。

7人の子どもたちから逃げ出したホットケーキは
道を歩いているおじさんや、オンドリやアヒルなど
いろいろな動物たちに出会いながら
コロコロと転がって逃げてゆきます。

最後は「おだんごパン」と同様
賢い動物がパクリっ!としてしまうのですが
何が面白いかって、
ホットケーキが動物たちに次々とヘンテコなアダ名をつけるのです。

これにはウサコ&エイトも大爆笑で
読んでるわたしも大笑い☆

出会った動物が「こんにちは、ホットケーキ」と挨拶すると
ホットケーキがヘンテコなアダ名で挨拶に応える…
この繰り返しが何度も続くのだけど

わたしが「こんにちは、ホットケーキ」と
セリフを読んでいる間の子どもたちの集中が面白い!

「次はどんな名前がでてくるんだろう…?」という
ワクワクした期待の眼差しと
息を呑みながら待っている空気感。

全身全霊が次の一言に集中している様子は
まるでピーンと張った糸のようです。

そしてホットケーキが付けたアダ名を聞いた瞬間に
パーンッ!と張り詰めた糸が弾けて
笑いの渦が巻き起こるのです。

ネタバレしない様に
ホットケーキが付けたアダ名は
ここでは伏せておきますね☆

2回目に読み聞かせをした時には
1回目ほど笑いの神が降臨してこなかったので
これは是非とも読むまでのお楽しみに〜☆

この『おはなしのろうそく』シリーズは
どれも名作が集まっています。

10巻揃えて持っていても良いな☆

絵本memo-「バレエの好きなアンジェリーナ」

まだまだ寒い日が続きますね。

我が家は布団を川の字に並べてみんなで寝ています。
4人いるのに、川の字…。

4人>3枚

そうなのです。

ツカちゃんは1枚の布団に眠り
2枚の布団でウサコ&エイト&わたし
という構図。

従ってわたしは布団と布団の間に眠ることになり
子どもたちの寝相によっては
布団がズレて畳の上だったりすることもしばし有り。

「あぁー!早く1人で大の字になって眠りた!」
というのがささやかな夢です☆

でも、まだまだ寝る前は絵本を何冊か読まないと眠れない二人。
昔と違って、けっこうボリュームのある絵本をチョイスするようになり
半分眠りながら読み聞かせているわたしです。

さて、前書きが長くなりましたが
オススメ絵本第二弾です◎

バレエのすきなアンジェリーナ

バレエのすきなアンジェリーナ

『バレエの好きなアンジェリーナ』(講談社)
文/キャサリン・ホラバード
絵/ヘレン・クレイグ
訳/おかだ よしえ

最近ウサコがバレエを始めたので、選んでみました。

世界中でなによりもバレエが大好きなアンジェリーナ。
学校へ行く途中も、友達と遊んでいる時も
いつでもバレエ。

お母さんは毎日怒鳴ります。

「アンジェリーナ、学校へ行く時間よ」
「アンジェリーナ、部屋を片付けなさい」

それでもアンジェリーナはバレエすることに夢中で
お母さんの声も耳に入りません。

困り果てたお母さんは、お父さんに相談して
アンジェリーナをバレエ学校へ通わせることにします。

大喜びをしたアンジェリーナは買ってもらったドレスを着て
リリーバレエ学校の門をたたきます。

大好きな事を思い切り出来る時間と場所を手に入れたアンジェリーナ。

それからは、いつでもどこでもバレエをしなくなりました。
お母さんのチーズパイ作りを手伝ったり
部屋を片付けたり、お母さんが呼べばすぐに2階から下りてきます。

バレエ学校でクタクタになるまで練習をして
そんな日が毎日毎日、何年も続いて
つにアンジェリーナは有名なバレリーナになります。

絵も細かい描写が素敵で、何度読んでも楽しめる絵本です。

このアンジェリーナ絵本のメッセージが
わたしが大切にしているメッセージと重なる部分があり
ウサコ&エイト以上に、わたしがわたしに読んでいる気分☆

十分に満たされている時間があること。
体も心も満たされる瞬間を持っていること。
自分の好きなことを知っていること。

これこそが生きるパワーとなると信じています。

始めてのレッスンを終えて家に帰ってきたアンジェリーナの言葉。

「わたしは今日、世界中で一番幸せな女の子よ!」

心の底からこの言葉を体感したアンジェリーナ。

これ、大切なことなんですが
絵本は子どもだけのモノじゃありません。

「わたしは世界中で一番幸せな人だ!」

大人だって、そう思って生きてたら
きっと世界は面白くなってゆくんだろうな!

みなさんも是非、自分とアンジェリーナを重ねて読んでみてください☆

絵本memo-「お金のない王女のおはなし」

こどもが生まれてから、再び絵本を手にする機会が多くなり
あたらめて魅了されているわたしです。

これから少しつづ、紹介してゆこうと思います☆

お金のない王女のおはなし

お金のない王女のおはなし

『お金のない王女のおはなし』(LE出版)
文/アーシュラ・ジョーンズ 
絵/サラ・ギブ
訳/石井睦美

この絵本は、わたしが一目惚れで借りました。
カラフルなのに、影絵のようでとても美しい世界観です。

おはなしは、タイトル通りお金がない王女が出てくるのですが
お城は雨漏りだらけ、朝のトースト1枚もなく、舞踏会へ来てゆくドレスも穴だらけ。
王様は空を飛ぶ機械を発明するのに夢中になり
お金はすべて羽に使ってしまいます(笑)

そんなある日。
隣の国の王さまから舞踏会の招待状が届くのです。
「王子さまがその中からお妃を選ぶ」というその舞踏会に
来てゆくドレスもないし、その日は国民を呼んでお茶会をすることになったので
王女はあっさりとその招待状を断ってしまいます。

「舞踏会は欠席します」と返事を書いて、自転車でポストまでゆく途中
国民は誰もが王女に微笑みを浮かべてこう言います。

「土曜日にお目にかかりましょう、王女さま」

国じゅうのみんなが土曜日のお茶会を楽しみにしている。

それを知って王女は城の掃除をしたりカップケーキを焼いたりします。

そしておはなしは展開してゆくのですが
このお話の素敵だな!と感じたところは
いわゆる「美しいけれど可哀想なお姫さま」と「素敵な白馬の王子様」が
最後は幸せにくらしましたとさ…というのではなく、
お金がない王女はお金がなくても卑屈でもなく、耐え忍んでる訳でもなく
「ま、しょうがないか!」って感じでけっこう楽しんでいるのです。

国民からも愛されていてのも納得〜!という感じのキャタクター。

とても可愛らしい部分もありながら、媚びたり、権力を振りかざしたりしない。
意地悪な継母やお姉さんが出てくるわけでもなく
読んていてとても気分が良い☆

隣も国も王子さまも、なかなか素敵なキャラクターで
ハッピーエンドはこうであって欲しいなぁ…と溜息が出ちゃうほどです。

「王子さま」だから結婚したいとか…
「美しい」から結婚したいとか…
イジメられても耐える姿が美しいとか…

もう、そういう王子さまお姫さまストーリーは古いな!と感じます(笑)

この絵本は、いままでの王子さまお姫さまストーリーとは違ってオススメの1冊です。
絵も乙女心をグッとつかむキラキラと可愛い世界なので、女の子はきっと喜びますよ☆

シリーズもあるようなので、近々借りてみよう!