ふくしま文庫 はじまりのわ

招待状new

菊池市の木護という場所に『アンナプルナ農園』があります。
わたしたち家族が熊本へ引っ越す前から訪ねたい場所のひとつでした。

ご縁があり同じ菊池市内に家を見つけ
それからというもの、時あるごとにお世話になっている大切な場所です。

農園の上には、廃村になった場所があり
10年前まではキャンプ場として使われていたそうです。
そしてその場所には、わたしたちの暮らす街を流れる菊池川の水源があります。

今年、水源を守り廃村を蘇らせるためにアンナプルナ農園の正木ファミリーがその廃村を購入。
廃屋となった家を直し、草を刈り、掃除をして蘇らせる『ワーク9』を展開していました。

わたしはまだ草だらけで床が抜けた「廃屋」だった時にその場所を見せてもらったことがあり
先日、蘇ったその空間を訪れて「人って本当に凄い!」と痛感。

わたし独自の考えかも知れないけれど、この世界はやっぱり「人」が作り出していると思います。
自然の持つ生命力や、見えない存在の力を卑下している訳ではなく
わたしたち人間だけが唯一与えられた「意識」というパワーは
この世界を作り出すために他の何よりも勝る力です。

人の意識が向けられなくなった場所や家は
木や草が生い茂り、自然は命の営みを休むこと無く続けるのだけど何かが足りない。
その風景もやはり「意識を向けない」というわたしたちの「意識」が作っているのだけど。
人の意識が注がれ、手が入り、人が集ってはじめてその場所に生命が宿って生き生きとしてゆく。

蘇ったその空間に居てわたしが何度となく言葉にしたのは
「人間ってやっぱり、凄い!」でした(笑)
そのくらい感動して、改めて自分の持つパワーの本当の素晴らしさを体感した1日でした。

その数日前のこと。
正木さんから「招待状の絵をメルちゃんに描いてもらいたい」と連絡を頂きました。
「忙しかったら無理しないでね」とチコさんにも言われていたのですが
どうしても描きたくて描きたくて仕方がなくて、やらせてもらいました。

ちょうど展示中で、さらに絵本の挿絵でパンパンだったスケジュールにもかかわらず
ポンッと1日空白になり、あっという間に絵を描き上げて招待状は完成しました。

制作中は本当に楽しくて、ほとんど頭は使ってない状態。
ワクワクのスイッチが入り、手が勝手に動いてゆく感じ。

11月1日のイベントにギリギリセーフで間に合いました。
(描かせて下さり、本当にありがとうございます☆)

「ワーク9」には参加していなかったわたし。
あぁ、ここからわたしはわたしの意識を注いでゆくんだなぁ!
そんなことを感じる最近。

お時間ある方、ぜひいらしくださいね。

TAURUS 牡牛座

taurus

taurus

画像の無断転用・使用禁止
 
あの子の特別な子牛ちゃん
お散歩の途中で芽生えた友情

遊ぶ手をちょっとだけ止めて
あの子は今日もつぶやいた

わたしの大好きな子牛ちゃん
まだあの場所にいるかしら

あの子の特別な子牛ちゃん
いつの間にか大人になって
今日もあの場所で待っている

大人になってしまった子牛ちゃん
あの子は気づいてくれるかしら

大人になってもあの子はきっと
忘れずに何度も思い出す
大好きな子牛ちゃん
おでこにハートマークがある子牛ちゃん

ARIES 牡羊座

Aries

Aries

画像の無断転用・使用禁止


ヒカリ輝く硬い石を
白く柔らかな毛皮に隠し
群れから離れを旅する

星を巡る旅人は
羊飼いのように歌を唄う

ヒカリ輝く星空の下
白い毛皮はヒカリを受けて
草原を照らす灯りとなる

星を巡る旅人は
羊飼いのように鈴を鳴らす

いつか歌ったあの音は
鈴の音と重なって
風となって群れへと届く

それはあまりにも優しい音で
ゆりかごのように
あの子を包み
子守唄のように
星空に溶けた