MELクレヨン画・2019『満ち満ちる展』

今年もやります、MELクレヨン画展。
今年は星と月をたくさん描きます。
モノクロのペン画も展示しますので
ぜひお越しくださいませ。

MELクレヨン画・2019『満ち満ちる展』
会場 : わいふ一番館
日時 : 10月29日(火)〜11月10日(日)
9:00〜17:00(休館日・月曜日)
※11月4日(月)振替休日のため開館。
11月5日(火)が休館になります。

在廊日はHPかメールでご確認ください。

「やまのバザール」WS出店

直前のお知らせで申し訳ありません…

2019年7月28日(日)
10:00〜16:00

菊池市竜門ダムにて開催の
「竜門ダムフェスタ」と同時開催
「やまのバザール」にMEL工房
ワークショップ&物販出店します。
夏休み真っ只中!
是非遊びにいらしてくださいね。

——————–

「やまのバザール」
【日時】2019年7月28日(日)
10:00〜16:00

【場所】竜門ダムエントランス広場及び班蛇口湖一帯

【交通】菊池市役所からシャトルバスが運行されます。

【MEL工房出店内容】

『大きな紙に みんなで描こう!』

あなたはクレヨンの最後を
体験した事がありますか?
誰もが1箱のクレヨンを手にしますが
チビたまま、箱で眠っている
そのクレヨンたち!
最後の瞬間を体験するまで
ひたすら紙を塗りつぶす
…という、若干マニアックな企画。
わたしも完成図が見えてません(笑!)

初めてクレヨンを手にして描いた
あの頃に戻ってみませんか?

家で眠っているクレヨンがあれば
是非お持ちくださいませ。
(会場でもクレヨン用意してます◎)

他にも素敵なお店や催し物があるので
皆さまのお越しをお持ちしています。

幼稚園ワークショップ5/19

5月19日(土)に幼稚園で
ワークショップをしました。

年中さんの親子対象で
1時間ほど遊びました◎

クレヨンでカラフルな色を塗り
黒で塗りつぶしてスクラッチ。
仕上げで円形に切り取り
切り紙で模様を作りました。

完成した作品たち↓

下地を塗る時から個性があり
一気に塗りつぶす子
1色ずつ細かく塗る子
悩んでなかなか塗れない子

見ていて面白かったです。

お父さんやお母さんに手伝ってもらい
爪楊枝でスクラッチする頃には
手のひらが真っ黒になりました。

わたし自身、幼稚園のころに
クレヨンを爪楊枝で引っかいたことが
記憶の奥に残っていて
偶然にも今の制作に繋がりました。

引っかいた時に現れた色に驚いた体験が
印象的だったんでしょうね。

今回は黒で塗りつぶしましたが
色が重なれば、どんな色でも
スクラッチできます。

今回のワークショップがきっかけになり
子どもたちの発見・体験に繋がると
嬉しいなぁ〜と思います。

幼稚園の先生方
準備から片付けまで
本当にお世話になりました!

幼稚園のワークショップ準備

幼稚園で年中さん親子を対象に
ワークショップをすることになりました。

お馴染みのクレヨンスクラッチですが
「親子」ということもありまして
普段よりちょっと完成度を上げてみます。

どうなることやらドキドキですね!

完成図を決め付けずに
子どものリアクションを見ながら
わたしも楽しもうと思います◎

…とは言え、ある程度の準備は必要なので
あれこれと試行錯誤中です。

きくちマルシェ、ありがとうございました。

  
4月29日(日)

孔子公園で開催の「きくちマルシェ」
ご来場ありがとうございます。

毎度、告知無しの出店でしたが
たくさんの人とお話しできて
楽しかったです。

HPのアドレスをお渡ししておいて
若干、放置状態でしたので
しっかり更新してゆきますね!

当面のマルシェ出店予定は無く
6月から菊池市の生涯学習センターで
「大人のクレヨン画教室」の
講師をさせて頂くことなりました。

只今、絶賛準備中でして。

6ヶ月後の10月には
額装して展示できる所まで
一緒に制作したいと思います。

こちらも講座の様子、アップしますね。
どうぞ、お付き合い宜しくお願いします。

Little Red Riding Hood

だから、あれほど言ったのに
赤は目立ち過ぎるって。

それでも乙女の心は止められない。

どんなに冷たい風が吹く日だって
お気にのワンピースを着たいもの。

例えオオカミにみつかろうとも
お気にの赤いフードはかぶりたい。

そして、お話は始まったのです。

Thumbelina

もしもわたしがおやゆび姫だったら
ピーナッツのベットは譲れない。

少し膝を抱えるくらい体を丸くして
ぴったり収まるピーナッツを見つけたら
中身はネズミにあげちゃって
ゆりかごみたいに眠りたい。

毛布は葉っぱ一枚で十分。

いい香りのする葉っぱが一枚あれば
それで十分。

もしもわたしがおやゆび姫だったなら。