Alice In Wonderland

あのお方は真っ赤な薔薇しか好まないけど
わたしはピンクの薔薇が大好きです。

フラミンゴのような
目の覚めるピンクがお気に入りですが
もちろん真っ赤も真っ白も好みます。

あんまり自分を好きすぎると
あのお方のようになってしまい
とても退屈な世界になってしまいます。

真っ赤な薔薇しかない世界なんて
これっぽちも魅力を感じない。

The Three Little Pigs

今日は本当に死ぬかもしれないと思ったけれど
どうにか生き延びた3匹のこぶたたち。

明日があたりまえのように来ると思うなと
どこかの誰かが言ってたけれど

それは本当にその通り。

今宵は朝まで踊り明かす3匹のこぶたたち。
これほど生きる喜びに満ちたダンスはないだろう。

踊ろう、踊ろう。
明日があたりまえに来るとは限らないのだから。

Town Musicians Of Bremen

登場した順番に乗ったとお思いでしょうが
いろいろ試してみた結果
この形が良いな!となった訳です。

組体操のように
あれこれ試した結果
この形が格好良いな!となった訳です。

Snow White And The Seven Dwarfs

寝坊して朝ごはんを食べ損ねた10時半は
どんなにダメとは言われていても
食べたくて仕方ない。

あのおばさんがくれた真っ赤なリンゴを
食べてはダメとは気づいていても
食べたくて仕方ない。

レインボウの小人たちが帰ってくる前に
誘惑に負けた可愛い少女。

朝寝坊した10時半は誘惑の時間。

The Toetoise And The Hare

はじまりは、ただのお散歩だった。
あまりにもお日様がキラキラしてるので
ちょっと山までふたりでお散歩。

それがどうして、どうしたか。

ヨーイドンの旗がなり
ふたりはそろって駆け出した。
あまりにもお日様がキラキラしてるので
ウサギはうっかりお昼寝を。

お散歩日和のお昼寝日和。

そう、全てのはじまりは
キラキラ輝くお日様だった。

Cinderella

こんなドレスじゃ、走れない。
もう片方の靴も脱ぎ捨てちゃって
全力で走らなくちゃ。

たとえ運命の分かれ道だとしても
片方だけのヒールを履いて走るなんて
わたしには考えられもしない。

ここは裸足で全速力しか思いつかない。

2017-10-11 ピーナッツ

秋が来て涼しくなると
決まってピーナッツの季節になる。

殻付きのピーナッツを1袋
慎重に選んで購入。

決め手はフォルムの美しさ。

今年もジングルベルが鳴る前に
ピーナッツサンタを作ります。

毎年ちょっとずつ進化する
ピーナッツサンタ。

お披露目までしばしお待ちを!